【スポンサーリンク】

声が通らない、伝わらない原因とその対策

f:id:paulman7:20170809194442j:image

 

街に出ると多くの人が会話しながら歩いていますよね。

高い声の人、低い声の人

太い声の人、か細い声の人

様々な声色(こわいろ)があります。

しかし、たまにいる「こもった声」の人。

声がこもっている人って意外と多いんです。

僕もその一人。

声がこもると人前で話したりするのが嫌になります。

「何を言っているのか聞き取りづらい」

「なんか陰気」

なんて言われるのが怖いのです…。

 

そんな悩みをなんとか改善したいと、原因と改善方法を調べてみました!

 

原因1 息を上手く吸えていない

息を上手く吸えていないと、お腹から声を出すことができずにノドだけで声を出そうとします。

ノドだけで出す声には芯が通っておらず、聞き取りにくい声になってしまいます。

 

原因2 口が開いていない

このタイプの人が一番多いようです。

話す時に口が十分に開いておらず、相手に声が届いていません。

大げさにでも、いつもより口を大きめに開けることを意識してみることが重要です。

 

原因3 姿勢が良くない

声を出すことと姿勢は関係なさそうにも思えますが、実は大切。

猫背や反った姿勢は声の出方に影響します。

背中が丸まっていると、お腹が圧迫されて声が出にくくなってしまいます。

 

原因4 ノドが開いていない

ノドが開いていないと当然声は出にくいです。

開いていない状態で声を出しても相手に伝わらない、通らない声になってしまいます。

 

 

簡単なことをするだけで改善

まずは姿勢。

猫背や反った姿勢にならないよう意識するだけ。

アゴは引いて、力も抜きます。

これだけでも効果はあります。

 

次に「ラダレデロド体操

発声において、ラ行とダ行は最も舌を使います。

先ほども言いましたが、声を出す時の舌の動きは重要。

舌の動きを良くするために、

「ラダレデロド」

と繰り返し言うだけで舌の運動になります。

 

最後に声のトーン。

普段話すトーンより、少し高いくらいがちょうど良いです。

これは声が低い人には特に効きます。

トーンを高くするだけで聞き取りやすくなり、相手に伝わるようになります。

 

 

まとめ

僕はこれらの改善方法を実践し、家族に試してみたところ

「声変わった?」

「明るくなったなぁ」

「聞き取りやすくなってる」

と、良い事ばかり言われるようになりました。

こもる声を完全に治そうと思えばお金もかかってきますが、改善するだけでもよければ是非実践してみてください!

 

さ、ヒトカラ行こかな!