PAULER

興味のあることを幅広く書いていきます。

それって本心?ヒマな人の本当の心理状態とは

f:id:paulman7:20170812220246j:image

今まで埋まっていたスケジュールがいきなりキャンセルなんかになると、急にやることがなくなってヒマになることって結構あります。

僕はスケジュールを埋めるのが好きで、穴が開くのがあまり好きではありません。

なので突然ヒマになるとどうしていいかわからない…。

 

このように、「突然ヒマになった人の心理」を読んでみましょう。

 

「ヒマ」=「リラックス」か?

先に結論を言うと、これは違います

嫌な仕事から解放され、好きなことをする時間を作れると考えがちですが、実は全くの逆なのです。

 

人間は、フリーな時間、なんでもできる自由時間を与えられると、かえってどうしてよいものかわからずに混乱してしまう生き物なのです。

口では「自由だ」「何しようかな」と言いつつ、内心は焦り状態に陥っています。

 

アメリカ、メリーランド大学のマリベス・マッティングリー氏によれば、

仕事場のロボット化、AI化により社員たちは面倒くさい仕事から解放され、自由時間が増えたにもかかわらず、これによる恩恵(精神のリラックスなど)はあまり無く、むしろ焦り始める人が増加したというのです。

 

f:id:paulman7:20170812220307j:image

何もしなくていい時間、自由時間があるからといって、精神的にリラックスできるかといえば、それは違います。

やることが無いよりは、仕事などである程度忙しいくらいが精神的に落ち着き、安定しているのです。

 

バイトしている人はわかると思うのですが、ずっと立ちっぱなしでやることがないよりも、ある程度忙しい方が落ち着きますよね笑

 

やらなくてはいけないこと、仕事があるということは確かに負担になります。

しかし、「何もしなくていい」と言われてしまうと、人はどうすればいいかわからなくなります。

 

ヒマそうにしている人を見て

「自由そうで羨ましい」

なんて言ってしまうと、相手に「皮肉られてる」と思われる可能性があります。

向こうからすれば、せっせと働いている人の方がよっぽど羨ましいのです。

 

ついうっかり失言してしまった、なんてことにならないように気をつけて発言しましょう。