【スポンサーリンク】

【初心者必見】その日記、需要無いと思ってる?

日記記事の需要

「日記は需要がない」「どうせブログ書くなら人のために書け」という内容の記事をよく見かけます。

確かに、「今日は○○に行って△△しましたー」とか「昨日の晩御飯は○○で△△を食べました!」なんて、他人の日常生活なんて正直興味ありませんよね。

 

ただそれって、ブログの見方を変えれば価値ある記事になると思うんです。

ぺーぺーブロガーなりに思うことを書いてみようと思います。

 

 

 

日記でブログに慣れる

f:id:paulman7:20170912183516j:image

文章を書くことに慣れていない人、特にブログを始めたての人にとって日記記事は、ブログを書くことに慣れるための練習になります。

日記記事は、自分が思っていることや体験談をなんでもかんでも詰め込んで書きなぐることができますし、それが強みでもあります。

ハードルが低いので、ブログに参入するにはうってつけではないでしょうか。

 

僕は普段、記事を書くときは1000文字に達するまで結構な時間を要します。

ましてブログを始めたての頃は、「まだ500文字に届いてない、はぁ...」なんて、自分の文章力の無さに絶望しながら書いていました。

今でも調子が良くて1時間前後、調子が悪い時は3時間以上かけて2000字。なんてことはしょっちゅうあります。

でも日記を書くときは、調子が悪い時がまずありません。

なぜなら先ほども述べたように、なんでもかんでも書きなぐれるからです。

 

実際、この記事の1つ前に日記を書いています。

www.the-pauler.com

3000文字近くありますが、執筆時間はトータルで1時間程度です。

「〇〇が楽しかった」といった感想を書いているうちに、500、700、1000文字と気づかないうちに字数が増えていきました。

これは何も考えずに、自分の体験したことと感想をただひたすら書き続けた結果です。

現地で撮った写真を見ながら「あ、あんなこともあったな。」とか「これは面白かったから是非書こう」なんて考えてるうちに、手が勝手にキーボードをカタカタ打っていました。

これはブログを書くことに慣れてきている証拠だと思っています。

 

日記を書くのは楽しいですし、僕は日記記事のおかげで「ブログを書くことの楽しさ」を今も実感しています。

 

情報提供

例えば、「ここのラーメンが意外と美味かった!値段も500円と安い!」という内容の記事は、一見普通の日記のようにも見えますが、これだけで2つの情報を読者に提供しています

 

まずは「ここのラーメンが意外と美味かった!」の部分。

見たことも聞いたこともないお店のラーメンが美味いと聞けば、食べてみたくなりますよね。

ましてやそれが地元のお店ならば、新しい発見にもなります。

知る人が少ない新しいお店の情報を得ると人間1度は行ってみたくなるもの。

お店側にとっても、今まであまり繁盛しなかったのに1つのブログのおかげで商売が上手くいくかもしれません。

 

ブロガーは記事ネタができる、読者は新しい発見になる、お店はお客さんが増える。

皆が得をするなんて、こんなに美味しいことはありません。

 

2つ目は「値段も500円と安い!」の部分。

「美味かったとは言っても値段がわからないんじゃ行く気にならない」という人にとって、値段の情報はありがたいもの。 

相当なお金持ちでもない限り、少しでも安く美味しいものを食べたいと思うのは当たり前です。

 

執筆者が実際にお金をかけてラーメンを食べに行き、読者に感想や詳細情報を伝える。

これは立派な「有益な情報」だと思います。

 

仲間が集まる

f:id:paulman7:20170912183633j:image

日記記事を書くことで、同じ趣味を持った人が集まるようになってきます。

例えば、趣味でカメラをやっている人にはカメラ好きの読者が集まります。

「どんなカメラで、いつどこでどんな写真を撮ったか」を記事に書けば、「そのカメラ○○社のやつですね!」とか、「アングルが素晴らしい!」のように、 同じ趣味ならではのコメントを書いてもらえます。

自分が好きでやっていることが人に褒められると、当然嬉しいですよね。

 

自分の趣味を記事にすることで、その記事を見た人が「私も始めてみようかな」と考えるかもしれません。

今まで趣味なんて無かった人が、新しいことにチャレンジするきっかけにもなるのです。

楽しさを伝えることは、需要が無いわけがありません。

 

ストレス解消

日記なので書くことは何でもありです。

愚痴を書いたって誰にも文句は言われません。炎上するような内容はまた別の話。

 

「昨日先輩からこんなことされた。すげー腹立つ」と、溜め込んでいたものをブログに全て吐き出せばかなりスッキリします。

ブログを愚痴の吐き出し口にすればいいのです。

共感してくれる人がいるかもしれませんし、どんな対処をすれば良いかのアドバイスをしてくれる人がコメントを残してくれるかもしれません。

 

僕もこの前愚痴をこぼしました。

 

www.the-pauler.com

コンビニでバイトをしている僕ならではの愚痴ですが、意外と多くの人に読んでもらえました。

ずっと思っていたことを記事にすることで、なんだかスッキリした気分になれました。

 

これもまたブログの良いところだと思います。

 

レベルアップ

ゲーム好きな僕なりの言い回しですが、いわゆる「ステップアップ」することができます。

ブログやアフィリエイトで本格的にマネタイズをしようと思っている人は、日記を書き続けた経験を活かして読者に訴えかける文章を書けるようになっているはずです。

商品を買いたいと思わせる、購買意欲を刺激する記事を書けないと思い込んでいる人でも、「ブログ」という全く知らない世界に踏み入れた頃に比べれば、なんだかできるような気がしませんか?

 

おぼつかない下手な文章から始まったブログでも、日記のおかげで100記事目には書籍のような記事が出来上がっているかもしれません。

今までの経験値がレベルアップに繋がるのです。

メラゾーマ撃てるかもしれません。

 

最後に

f:id:paulman7:20170912183945j:image

恐らく、本気でマネタイズしている人が「日記は需要が無い」と言い始めたのが浸透しているのではないでしょうか。

しかし、今はまだ本気でマネタイズすることは考えていない人にとって、日記は需要しかないと僕は思います。

 

日記だけで○○万pv/月を叩き出すのは、果てしない旅路になるかもしれませんが、「まずはとりあえずブログを始める」という人には日記から書き始めることをおすすめします。

昨日の出来事、好きなアーティストが出ていた音楽番組の感想、ペットのことなどなんでも。

思ったことや気になること、面白いと思ったことをそのまま記事にするだけでブログとして成り立ちます。

そうやって記事を重ねることでブログの楽しさを知れば、挫折することなく続けるきっかけになります。

 

 

逆に日記以外から始めると、挫折する確率が高いイメージがあります。

初めから「ネットで稼ぐぞ!!」意気込んでブログを始めた人でも3ヶ月、早くて1ヶ月続かない人がめちゃくちゃ多いようなので、ハードルの低い日記ならば挫折せずに続くはずです。

 

僕はベテランブロガーではないので偉そうなことは言えませんが、日記から入ってブログの楽しさを実感し始めてからアクセスやマネタイズを考えるを考えるのが、上手くいく最短ルートだと思います。