PAULER

興味のあることを幅広く書いていきます。

本当に安全?外でのWi-Fiは危ないかもしれない

f:id:paulman7:20170807190846j:image

 

スマートフォンタブレット端末、持ち運べるほど軽いPCが普及したこのご時世。

いたるところで無料Wi-fiのアクセスポイントを見かけます。

ホテルはもちろん、駅やカフェ、飛行機まで。

外でも通信量を気にせずインターネットを利用できるのは、非常にありがたいことです。

しかし、こういった無料のWi-fiアクセスポイントは、

全部が全部安全というわけではありません。

むやみやたらにアクセスしていると、危険がともなう可能性があります。

 

便利だが危ない無料Wi-fi

では一体何が危ないのでしょうか。

 

自分の端末に勝手にアクセスされる

スマホタブレットはいわば個人情報の宝庫です。

悪趣味な人が個人的にWi-fiを飛ばして他人にアクセスさせ、

そこから端末の情報(写真や動画、連絡先から住所まで)を抜き取られてしまう危険があるのです。

 

ネットを使用していると盗み見られる

電波の届く範囲から

閲覧中のサイトやSNSなどのID、パスワードなどの情報を見られてしまいます。

 

安易にアクセスするのは控えよう

f:id:paulman7:20170807190856j:image

基本的に公衆のWi-fiアクセスポイントはパスワードロックされていません。

じゃあパスワードロックされているアクセスポイントは安全なのかというと、そうではありません。

セキュリティがきちんとされているWi-fiは、

「WPA」や「WPA2」というふうに表示されます。

接続する前にまず確認しましょう。

 

カフェなどのWi-fiを使用する場合は、

接続する前にまず店員さんに確認してからの方がなお安全です。

 

まとめ

通信制限がかかるのも嫌ですが、個人情報が漏れる方が嫌ですよね。

自分で自分の個人情報を守って賢くインターネットを利用しましょう!