【スポンサーリンク】

マンガやゲームなんかによくいる3種類のアイツ

f:id:paulman7:20170930210425p:plain

マンガやゲームなどで1人はいるアイツ。

撃沈フラグキャラ。

「あ、こいつここで力尽きるな。」って雰囲気でわかるキャラのことです。

フラグとは言っても、フラグの種類がありますよね。

今回は、3種類の「撃沈フラグキャラ」について書いてみます。

 

 

 

「ここは俺に任せろ」系

このタイプのキャラの名前を「オレマカ(俺任)」としましょう。

オレマカはバトル系マンガなんかに多いタイプですね。

 

戦争とかで大量の敵勢が押し寄せてきて、「ここはいい、俺がなんとかするから早く行け。」とか言ってオレマカ君は道を開けてくれますが、十中八九その後の姿を見かけることがありません。

仲間はその間に死闘を繰り広げつつ、なんとか敵の大将を討ち取る。

 

しかしその頃にはもう、オレマカはやられちゃってるんです。

 

仲間は戦争が終わるまでそのことを知らず、後で町や村の民に「あの人は立派な戦士だった...」なんて、遠回しに報告されるんですよね。

そしてなんだかんだオレマカの事を嘆いた後に、「あいつの勇気を無駄にしてはいけない」とまた前を向いて歩き出す。

 

かなりベタなオチですが、僕はこの流れはバトル系には必須ではないかと思うんです。

確かに今まで共に戦ってきた仲間が力尽きてしまうのは悲しいことですが、それによって他の仲間が精神的に強くなったり新しい技を覚えたりするんですよ。

これから先さらに強い敵が出てくるんですから、自分も強くなっとかないとね。

 

勇気ある行動によって仲間が成長する姿は読者の心に焼き付きます。

 

 

「危ない!」系

このタイプのキャラの名前は「アブネ(危ね)」としましょう。

アブネは、仲間を守って(庇って)撃沈してしまうタイプ。

 

よくあるのは、アブネが何かの拍子に大怪我を負ってしまうけど、仲間が敵の大技を受けそうになった瞬間に最後の力を振り絞って庇って撃沈。とか、

普段ツンツンしてるくせに、いざ仲間がピンチになると仲間を突き飛ばして笑顔で撃沈。とかね。

 

アブネ超良いやつ!!

 

「仲間を守るためなら自分はどうなっても良い精神」なんでしょうねきっと。

なんて仲間思いなのか。

自分が命を落とすことよりも、仲間がやられてしまう方が嫌ってことですよね。

普通そんなことできます?

人間誰だって自分が1番可愛いはずやのに...

 

ちなみに僕が1番好きなタイプのアブネは、

「お前にはまだ言いたいことがたくさんあったけど、また今度にするよ(笑顔)」とか言いながらゆっくり目を閉じるパターンのやつです。

超かっこよくないですか...(厨二)

 

そういえば「NARUTO」にもアブネがいたような気がしますが、ネタバレになる可能性があるのであまり書かないことにします笑

 

 

「う、うわぁぁ!!」系

このタイプのキャラの名前を「ヘタレ」としましょう。

仲間がピンチの時に自分だけ逃げてしまうタイプ。

 

ヘタレは自分だけ逃げた報いとして、誰も見てないところで1人で勝手にやられちゃってるパターンがほとんど。

そして、後々仲間がヘタレの無残な姿を発見するんです。

なんの役にも立たない、「真のヘタレ」です。

 

バイオハザードにもいませんでしたっけ?(うる覚え)

 

逆に、役に立つヘタレもたまにいます。

仲間が敵と戦ってる最中「う、うわぁぁ!!」と逃げた後に、しばらくしてからものすごい強力な武器や兵器を持ってくるパターン。

ロケットランチャーとか巨大ロボとかね。

それで形勢逆転なんてことも。

 

ただ、役に立つヘタレはこの記事の趣旨には合わないのでこれ以上は割愛。

 

 

最後に

これからマンガを読んだりゲームをする時に、この記事を思い出して「あ、こいつオレマカタイプや」ってなってもらえたら嬉しいです笑

「こういうタイプもいるよ!」というのがありましたらぜひ教えてください!

 

ここまでありがとうございました!