【スポンサーリンク】

確信犯?役不足?本当の意味とは

f:id:paulman7:20170711222223j:image

 

少し前のこと。

何気なくゲームをしていると、「確信犯」の本当の意味を知っているかを問われました。そう、ゲーム内で。

 

「それはあれやろ、悪いのわかってて犯すタチ悪いやつやろ」と心の中で思っていました。

皆さんも恐らくそう考えると思います。

 

しかしまぁ正解を知って驚きましたね…

 

 

確信犯の本当の意味とは

しつこいようですが、「確信犯」というと「悪いとわかっていて罪を犯すこと」ですよね。

 

 

それ、実は間違いなんです!

 

Wikipediaで調べてみたところ、

確信犯(確信犯罪)とは、「自分が行うことは良心に照らし合わせて正しく、周囲(社会)や政府の命令、議会の立法こそが間違っていると信じて」行った犯罪である。本人は自らの正当性を確信していることがポイントであり、立法や命令に違犯(「違反」ではない)しているとの認識を持っているかどうか、あるいは処罰を予想しているかどうか、公然と行うか隠然と行うかは関係ない。

 

という風に書かれています。

 

少し難しいかもしれませんが、簡潔に言うと

「自分は正しいと確信して行う犯罪」なのです。

周りが違う、自分は正しいと。

 

「悪いとわかっていての行動」ではないんですね。

 

今まで普通に使っていた言葉の意味が間違ってたなんて、驚きもありましたがそれ以上に恥ずかしさもありました…

 

 

一応、刑法の用語で、19世紀のドイツの法律学者 グスタフ・タードルフが造った言葉とのことです。

 

 

言葉って誤認されてることが多いようですね。

確信犯の意味を調べている最中に思い出したのですが、「役不足」も間違った意味で覚えている人が多いんですよ。

これもテレビか何かで見た受け売りですが笑

 

役不足の本当の意味

確信犯に続き、「役不足」の意味もよく誤認されています。

 

一般的に「役不足」は、

「この仕事は私では役不足なので、役目を果たせないです...。」

のような、自分には荷が重い的なニュアンスで使われていますが、これは間違い。

この場合は役不足ではなく「力不足」が正解。

 

役不足の本当の意味は

「私にはこの仕事は簡単すぎて不満です。」といった意味なのです。

 

つまり、自分にはふさわしくないということになるので、下手に「役不足なので」とか言ってしまうと自信過剰と思われる可能性が...

 

 

 

まとめ

意外と知らない言葉の本当の意味って、調べてみると面白いものです。

正しいと思っていたことが覆ると本当に驚きます笑

 

 

皆さんが普段使っているその言葉、本当に正しい使い方でしょうか...?