三億円事件について

f:id:paulman7:20201217212312j:image

「三億円事件」という事件を聞いたことはあるでしょうか。

テレビなどで度々話題になったりすることもあるので、知っている人は多いかと思います。

しかし、名前は知っているが内容はよく知らない人が多いのもまた事実。

なので今回は、この三億円事件を簡潔にご紹介します。

 

概要

1968年12月10日、東京都府中市にある府中刑務所の近くで事件は起きます。

東京芝浦電気(現在は東芝)の従業員にボーナスとして支払うはずだった、三億円(今の価値だと約20億円)を積んだ日本信託銀行の現金輸送車に1人の警察官が白バイに乗って近づきます。

その後、現金輸送車を停車させました。

 

警察官は運転手に対し、「日本信託銀行の巣鴨支店長の家が何者かによって爆破されました。もしかすると、この現金輸送車にも爆弾が仕掛けられている可能性があります。」と伝えます。

そして、運転手と乗員を車から降ろし、警察官は車の下を覗き込みます。

するとなんと、突然炎が上がり、辺りを煙が包み始めます。

 

「爆弾があった!逃げろ!」と、警察官は凄い剣幕で運転手と乗員に叫びます。

声に驚いた運転手達は走って車から離れました。

その瞬間、警察官は車に乗り込み、白バイをその場に放置したまま車を運転してどこかへ走り去ってしまいました。

 

その後

運転手達は呆然としながらも、車を元々停めてあった場所を見ると、炎と煙の正体は爆弾などではなく発煙筒でした。

さらには、警察官が乗っていた白バイも一般のバイクを改造した偽物の白バイだった事が判明します。

これにより、警察官も偽者だと気づいた乗員は本物の警察に通報します。

 

すぐさま捜査は開始され、警察は事件現場に残った白バイや発煙筒を調べますが、大量生産されているため持ち主を特定する事が困難でした。

運転手と乗員に証言をお願いしますが、ヘルメットや発煙筒の煙などによって犯人の顔がよく見えなかったため、手がかりはほとんど無い状態でした。

 

その後の懸命な捜査も虚しく、事件から7年後の1975年に時効を迎えてしまいました。

 

最後に

警察官とはいえ、完全に信用するのも怖いということがわかったので、警察手帳とかを見せてもらうのが安全策かもしれないですね。

悪い事してなくても警官に声かけられたらびっくりするニャ。

よろしければこちらもどうぞ!

www.the-pauler.com